ーバースカウトは小学校就学前から2年生までのを対象としたプログラムです。

ビーバーの活動では、ゲームやクラフトを通じて、集団行動の中で自然にやくそくや規律を学んでいきます。同時に家庭においても規則正しい生活を守るよう努め、また、一緒に絵を書いたり、花や虫などの自然観察などを通じて、家族とのふれあいを大切にします。

進級制度

ビーバースカウトは、小学校1年生以下と2年生以上で、スモールとビッグに分けられ、ビッグはスモールをいたわるようにします。
スカウトは、生活、健康、自然、社会、表現の5課目からなる「木の葉章」を習得し、10個の木の葉章につき、小枝章を貰います。このような課題は、家庭でのサポート をフルにお願いしております。

ビーバースカウトの活動の目標
ビーバースカウトの標語 :なかよし
ビーバースカウトのスローガン:日々の善行 (一日一善)

ビーバーの「きまり」にあるよう、ビーバーの年代では、自然の中でみんなとなかよく遊ぶことで、楽しみや喜びをわかちあおうということが大切だと考えられます。結果的には、愛に囲まれた豊かな感受性を身につけて欲しいと思っております。
ビーバースカウトの活動には、ビーバースカウトの隊集会と家庭での活動があります。家庭では、生活、健康、自然、社会、表現の5課目の木の葉章を子供に教え、隊集会では体験を通じて家庭でヒントを得たものを実際に行うことが出来たらと考えてます。
正しい考えを持った大人(親、リーダー)が、あたたかい目で、どれだけ多くの時間をスカウトと共に過ごせるかが、豊かな心をはぐくむ要となると考えられます。

やくそくときまり
やくそく

ぼくは みんなとなかよくします。
ビーバーたいのきまりをまもります。

きまり

ビーバースカウトは げんきにあそびます。
ビーバースカウトは ものをたいせつにします。