印刷するには こちらPDF

*2級章 【ハイキング】
 進歩の目標:班の中心として、ハイキングの計画・実施・報告ができるとともに、初級スカウトの指導ができる。

1.基本
(1) 「ちかい」と「おきて」について意味の説明ができ、その実践に努力していることを隊長に認めてもらう。(2級章4-2)
(2) 日本の国旗の意味、歴史、仕様を説明でき、班や隊の活動で正しく国旗が掲揚できる。(1級章4-1)
(3) 外国旗及び、その国のスカウト章を 5か国以上見分ける。(A6-1)

2.健康と発達
(1) 体温、脈拍と体調との関係について説明する。
(2) 救急法
①日常遭遇しやすい次の様な場合の応急手当や対応を説明できる。
ア) 鼻血 イ)目のちり ウ)やけど エ)指の切り傷 オ)立ちくらみ
カ)頭痛 キ)蜂、ダニ、毛虫などの虫さされ ク)熱中症 (B5-2)
②三角布法で他の人の頭、手、ひざ、足に包帯し、腕を吊る方法を実演する。(B5-3)
(3) 隊または班の安全係を 3 ヶ月以上担当する。(B2-3) (B2-2)

3.スカウト技能
(1) ハイキング・読図
①16 方位と方位角の呼び方を覚え、コンパスで進路を発見する。
(C2-2) (C6-4) (2級章1-2)
②2 万 5 千分の1地形図を用いて次のことをする。
ア)図上に示された2つの地点の間の方位角、直線距離、標高差、道路に沿った歩行距離を読む。
イ)真北と磁北の違いを説明する。
ウ)500m(または1km)ごとの方眼を正確に書き入れた地形図により、6桁(または8桁)座標読みを行い、示された地点に到達する。(C2-3)
③三角点、水準点、標高点、等高線とは何かを知り、三角点または水準点の標石を発見する。(C2-4)
④10個以上の地形図記号を覚える。(2級章1-3)(C2-5)
⑤コンパスを用い、バックベアリングができる。(2級章1-2)
⑥地図とコンパスを用いた 10km 程度のハイキングを計画し、隊長の指名した2級
以上のスカウト(但し、適任者が居ない場合はベンチャースカウトも可)とともに、保護者の同意のもと実施し報告する。このハイキングは、1.基本(1)及び、6.班長会議(1)以外の課目を終了した後に仕上げの課目として行う。(★)
(2級章1-4)(2級章1-1)(C1-1)(C1-4)(C1-5)(C1-6)(C2-6)(G1-1)

(2) キャンピング
①次の野外料理を作る。
ア) 複数人分の米飯及び味噌汁
イ)複数人分の野菜、肉、魚、玉子を材料とした 2 種類以上の料理
(E2-2)(E2-3)(E2-1)(E2-6)
②かま、なた、のこぎりを安全に使用でき、手入れと保管ができる。(E3-3)
③火口、焚き木、薪を作り、マッチ 2 本で火を起こし、500ml の水を沸騰させる。
(E3-3)(E6-1)(E6-4)(E6-6)
(3) ロープ結び
①次のロープ結びの使いみちを理解し、実際に使う。
ア)巻き結び イ)ねじ結び ウ)引きとけ結び エ)ちぢめ結びオ)腰掛け結び
カ)てぐす結び キ)てこ結び ク)張り綱結び(E5-1)(E5-3)
(4) 観察
①食用植物、有害植物をそれぞれ2種以上見分ける。(D1-1)
②24個の小さな物を1分間観察し、そのうちの16個以上を記憶によって答える。(D1-3)
(5) 計測
①100mの距離を誤差5%以内で歩測する。(D2-1)
②スカウトペースで2km を15分で移動する。(D2-4)
③はかりや計量器を使わずに、1合の米、1ℓの水を15%以内の誤差で測る。(D2-6)
(6) 通信
①片かな手旗信号で15の原画を理解し10文字程度の語句が発信、受信できる。
(D3-1)
②追跡記号を 10 種以上覚える。(D3-4)

4.奉仕
(1) デンコーチとして3か月以上、または社会奉仕活動を3回以上奉仕する。
(G2-5)(G3-1)(G3-3)(G3-5)(G2-1)(G2-2)(G2-3)(G2-4)(G2-6)

5.信仰奨励
(1) スカウツオウン・サービスで、自分ができる役割を果たし、ちかいとおきてを日常で実践したこと、感じたことを発表する。

6.班長会議
(1) 初級スカウトとして隊及び班活動に3か月以上、進んで参加したことを班長会議で認めてもらう。(2級章7-1)