印刷するには こちらからPDF

*1級章 【キャンピング】
 進歩の目標:ボーイスカウト活動の中心として、スカウトキャンプの計画・実施・報告ができ、スカウト技能全般を単独で実施出来る。

1.基本
(1) ちかい」と「おきて」の実践に努力していることを日常の生活で示す。
(1級章4-3)
(2) 姉妹都市または自分が興味を持っている2か国の民族、文化、通貨、言語を調べ班、隊集会で話す。(A6-4)(B7-2)(B7-3)(B7-5)(B7-6)
(3) 日本の国旗と外国旗を併用して掲揚及び設置する時の注意事項を知る。
(1級章4-1)
(4) 半旗の意味と正しい掲揚の方法を知る。

2.健康と発達
(1) 足から飛び込み、50m泳ぐか1,000m を 6 分以内に走ることができる。
(B3-2)(B4-4)(B4-6)
(2) 水分や食物の補給が体調に与える影響を知り、体調を管理するための準備がで
きる。(B4-1)(B4-3)
(3) 救急法
①班員 1 人と協力して、急造担架を作り、実際に人を運ぶ。(B5-1)
②直接圧迫止血法と間接圧迫止血法の違いを知り、直接圧迫止血法による応急
処置ができる。(B5-4)

3.スカウト技能
(1) キャンピング
①班の炊事係として 2 泊 3 日以上のキャンプの調理を担当する。
(E2-2)(1級章1-3)(E2-3)(E2-4)(E2-5)(E7-1)(F1-2)
②自然物(石・木・竹等)を用いた、キャンプに役立つ工作を1つ以上作成する。
(E3-4)
③マッチに防水加工を施し、携帯用の防水容器に入れて提出すること。(E4-1)
④連続5泊以上の隊キャンプ、または自団の班・隊で参加できる地区、県連盟、日本連盟のキャンプ大会に参加する。
⑤キャンプにおける用便、ゴミ処理ならびに食料保管について、衛生上注意する点を知り、実践できる。
⑥1級旅行(1泊24時間以上のハイキング)の計画書を作成し、必要な個人装備を携行し、隊長の指名したベンチャースカウト(但し適任者がいない場合は1級以上のスカウト)とともに、隊長より与えられた課題と方法によりキャンプを行い報告する。このキャンプは、1.基本(1)及び、6.班長会議(1)以外の課目を終了した後に仕上げの課目として行う。
(1級章1-4)(1級章1-1)(1級章1-2)(E1-1)(E1-2)(E1-3)(E1-5)(E1-6)
(G1-1)
(2) ハイキング・読図
①日中、夜間においてコンパスを用いずに方位を 2 種類の方法で発見する。(F3-4)
②300m以上の距離に追跡記号を設置し班員を誘導する。(D3-5)
③クロスベアリングの手法を用い、地形図上で現在地を発見する。(C2-2)(C2-3)(C2-6)
(3) ロープ結び
①次のロープ結びの使いみちを理解し、実際に使う。
ア)垣根結び イ)よろい結び ウ)バタフライノットエ)馬つなぎ
オ)からみ止め カ)バックスプライス キ)角しばり ク)はさみしばり
ケ)筋かいしばり(E5-2)(E5-5)(E5-6)
(4) 観察
①樹木5種類以上をスケッチまたは、写真で記録し特徴を述べる。(D4-3)(D1-4)
②北極星の発見方法と、その他5つの星座を発見できる。(D7-4)
③身近にいる動物・鳥類・魚類などについて観察し報告する。
(D5-3)(D5-6)(D5-5)(D1-2)
(5) 計測
①自作の簡易測量器具を用いて、樹木などの高さを誤差 10%以内で測る。(D2-3)
②簡易測量法を用い、到達できない 2 点間の距離(長さ、高さ)を誤差 10%以内で測る。(D2-2)
③ハイキングで野帳をつけ、またその野帳によって略地図を作る。(D2-5)(C3-2)
(6) 通信
①片かな手旗信号で20文字以上の文章を発信、受信できる。(D3-1)
②号笛を使って野外でできる簡単な通信ゲームを考え実施するか、号笛を使用した救難信号を覚える。(D3-2)(D3-6)
(7) 技能章から、「ハイキング章」「スカウトソング章」を取得する。

4.奉仕
(1) 班での奉仕活動を計画し、隊長の承認を得て、実施、報告する。(G3-2)(G8-3)(G8-4)(G8-6)
(2) 自分の住んでいる地域の3つ以上の施設へ案内ができる。(G8-1)(G8-3)(G8-4)(G8-6)

5.信仰奨励
(1) 隊集会やキャンピング、ハイキングでのスカウツオウン・サービスで主要な役割を果たす。

6.班長会議
(1) 2級級スカウトとして隊及び班活動に 3 か月以上、進んで参加したことを班長会議で認めてもらう。(1級章7-1)